【ネット活動者必見!!】送金アプリ『pring(プリン)』が便利すぎた話【送金方法も解説】

コラム

ネット活動者「ネット上で活動してるけど、お金のやり取りがめんどくさすぎる・・・。銀行振込とかアマギフとかあるけど、手数料やらなんやらとられるし、いちいち手間だし・・・。もっと簡単にお金のやり取りできるシステムってないんですか?」

 

こんなお悩みを解決します。

 

✓この記事の内容

・1円単位で送金できるアプリ『pring(プリン)』が最強すぎた

・匿名で送れてしかも手数料全て無料

・ネット活動者はこのアプリを使った方がいいと思う理由

送金アプリ『pring(プリン)』が便利すぎた話

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているぴくせるです。

Mix代金はずっと銀行振り込み、またはamazonギフトでいただいていました。

 

そんな中、少し前にこういうツイートをしました。

 

 

このツイート、1000RT以上と意外と反響がありまして、

 

みんなこういうのを望んていたんだな(´;ω;`)

と思ったため早速記事にしましたー!

ネット活動者の力になれば幸いです(`・ω・)ゞ

 

今まで、お金のやり取りが大変だった・・・

今まで、Mix代金は銀行振り込みまたは、amazonギフトでした。

しかし・・・

 

 

上記のツイートのようにそのたびに振込手数料がかかってしまってもったいなかったんですよね・・・

月に2回依頼する人だと

324円×24回=7,776円

なのでMix1回分に相当します・・・

 

手数料おそるべし・・・・

なのでなるべくこのアプリを使ってもらおうと思いました。

まず『Pring(プリン)』ってなに?

 

送金アプリです!(終)

 

以下、公式サイト(https://www.pring.jp/)から引用。

 

“相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができる送金アプリです。 
お店で会計するときのQR決済や、友達とのワリカンや集金、あらゆるシーンでの個人間送金がサッと便利にスマホで完結。”

 

ふむふむ。なんかいい感じそう。

『pring』は匿名で送金できて、しかも手数料全て無料で最強すぎた

 

なんとこの送金アプリ手数料が無料なんです。

以下公式サイトのスクショです。

 

 

これってすごくないですか?

 

どんな仕組みで運営してるんだろう・・・

しかも匿名(ニックネーム)で送金できるから個人情報が漏れることない。

 

実際に使ってみると1円単位で送金できた

 

1円送ってみましたww

 

すごいですね。

以下のツイートは「ほんまそれ・・・」と思いました。

 

デメリットとしては対応してる銀行が少ない

今のところ(2019年4月時点)利用可能な銀行は以下です。

・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
・イオン銀行
・埼玉りそな銀行
・福岡銀行
・西日本シティ銀行
・関西みらい銀行(※旧関西アーバン銀行の方を除く)
・北九州銀行
・京葉銀行
・七十七銀行
・筑波銀行
・東邦銀行
・百十四銀行

 

三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行がないのが個人的にはネックです。

一応、pring(プリン)のHPによると、今後も順次対応していく予定みたいなので期待です。

こんな感じで随時お知らせを更新して、どんどん対応する銀行が増えていますね。

 

 

Twitterの声

自分が思っていたより反響がありびっくりしているのですが、

これだけこういうアプリを求めていた人が多かったんだと感じたツイートでした。

 

まとめ:ネットで活動してる人は使った方がいいと思う

 

ネットで活動していて、お金のやり取りある方は使っておいた方がいいかもしれません。

理由は以下の3点です。

・チャージ、出金、送金、受け取りの手数料が全て無料!!

・匿名で送金できるため、個人情報も守られる

・1円から送金できるので、低価格の依頼でも気軽にできる

 

まだこのアプリでMix代金はいただいていないのですが、これからこの『pring(プリン)』を使用する方が増えて、お金のやり取りがスムーズになればいいなと思っています(っ´ω`c)

 

 

コメント