“「ボーカル音源が汚いのでMixできません」”

2012年の「あの日」、はじめてMix依頼をした時。

あるMix師に言われた一言が今の僕の全ての始まりでした。

・・・・・

名前P!xL(ピクセル)
職業ミキシングエンジニア
年齢20代
趣味音楽(主にボーカロイド)
生息地徳島
家族嫁と二人
ミキシング歴8年

・・・・・

P!xL(ピクセル)

こんにちは。現在ニコニコ動画、YouTubeでMixer(ミキサー)、として活動している「P!xL(ピクセル)」(@pixl_05)と申します。

8年ほど前、歌い手として活動していた僕は、信じられないかもしれませんが

Mixをせずにニコニコ動画に歌ってみたを投稿していました・・・。

みっくす?みっくすじゅーす?(o゚-゚o)

歌い手に憧れる高校時代

当時同じバスケ部だった仲間から『初音ミク』といものが伝わりそこから『ボーカロイド』に激はまり。

いわゆる『ボカロヲタク』です。

オタクの オ を ヲ って表現する時代です。そんなことはどうでもいいです。

昔から音楽が好きだった僕は新しい音楽に出会えたことに感動していました。

家に帰ったらボカロを聴き、iPodに曲を取り込み通学中もずっとボカロを聴き、とそんな毎日が始まりました。

ある日いつものようにYouTubeでボカロを聴いていると『【歌ってみた】裏表ラバーズ 灯油』という投稿を見かけました。

「歌ってみた・・・?」

今でこそ歌ってみたから入り⇒ボカロ(本家)を聴くという流れの人が多いと思いますが、当時はボカロ(本家)がメインだったので

「こんな難しい曲人間が歌えるわけがない」と思いながら再生ボタンを押しました。

衝撃でした。

歌ってみたと書いてあるので、カラオケかなんかでふざけて歌っている動画を投稿しているのだろうと考えていたので再生している3分は一瞬で過ぎてしまいました。

その日から灯油という歌い手にはまり、そのほかの歌い手の動画を見て回るうちに、自分も歌ってみたを投稿したいと思うようになりました。

歌ってみたを投稿するが批判のコメントが

思い立ったが吉日の僕はすぐに歌ってみたを投稿しました。

ですが、その頃知識が何もなかった僕が投稿していた歌ってみたはこうです。

”スピーカーから出ている音に合わせて歌いそれを録音する。”

「そんな馬鹿な・・・笑」と思うかもしれませんがそのくらい知識がなかったんです…。

なんか違うな~と思いながらも取りあえず録音できたので投稿。

再生数が2、3と上がっていくのをみてとても嬉しかった記憶があります。

そんな中一件のコメントがありました。

「Mixくらいすれば?」

・・・

みっくす?みっくすじゅーす?(o゚-゚o)

このくらい無知です。

Mix師に依頼をするとまさかの罵倒

そこからMixというものを調べ様々な知識を得ます。

・オフボーカルというものがある

・ボーカルは別録りで後からソフトを使って合わせる

・何かしらエフェクトをかけることにより歌が聴きやすくなる

・それを代わりにやってくれるMix師という人がいる

・・・ほうほう。

とにかくそういったややこしそうな作業をする必要があるのか。

「よし!Mix師とやらにお願いしてみよう!」

と、こうなるわけです。

Mix師には有償と無償(当時はほとんど無償)があるらしい。

とりあえず初めてで何もわからないので、

無償でMixしている方を見つけ、依頼マナーなんかも調べ、頑張って録音したものを勇気を出してメッセージを送りました。

ドキドキしながら返事を待っていると丸一日経って返事がきました。

“「ボーカル音源が汚いのでMixできません。

あと依頼するなら頭出ししておいて。」”

・・・

もう何とも言えない気持ちになりました。

悔しくて。悲しくて。惨めで。

怒ったらいいのか泣いたらいいのか。

この人が何を言っているのか、一体何を改善すればいいのかさっぱりわかりません。

自分の知識不足、技術不足なのはわかっているのに、もっとちゃんと教えてほしいという気持ちが勝ってしまい、このMix師さんのことを悪く思ってしまう自分も嫌になって。

こうなるともうトラウマです。誰にもMix依頼はできません。

しかし歌ってみたは投稿したいのです。

となれば残された選択肢は一つです。

自分でMixをしよう。

Mix難しすぎる・・・

その日から、Mixというものについて色々調べながら、自分でなんとかやっていくわけですが、なんとも難しすぎる。

基本はネットで調べるのですが、当時はMixに関する情報がものすごく少なかったのです。

音楽センスもなければ機械に強いわけでもない。

その上コミュニケーション能力もないので人に聞いて教わることもできない。

というか、Mixのことを誰かに聞こうと思った時に、誰に質問するのが一番早いと思いますか?

・・・Mix師ですよね。

それは絶対いやです。

そんな中手探り状態で、独学ではありますが確実に一歩ずつ進んできました。

最初は自分が歌った歌だけMixしていましたが、投稿しているうちに

「私の曲もMixしてほしい!」

「僕もMix勉強したいから教えてほしい!」

という声をいただけるようになりました。

知らず知らずのうちに、自分が歌った歌より周りの人の歌をMixする機会の方が増えてきました。

『10年前の自分』に『今の自分』が教えてあげられること

そして気づいたらここまで来ました。まだまだ勉強することは多いです。

そしてこれからも僕は進歩を続けるつもりです。

このブログは自分自身がMixを勉強している時を振り返って

『10年前こんなブログがあればよかったのに』

をテーマに今Mixや歌ってみた活動を頑張っている方の手助けになればいいと思い立ち上げました。

・歌ってみたを投稿したいがやり方がわからない
・Mixを自分でしたいがうまくいかない

こういう方はぜひこのブログで勉強していってください。

さいごに

僕は大人になった今でもボカロが好きです。

世間では批判や偏見の声も少なからずあります。

なかなか理解されないジャンルかもしれません。

でもすごいと思うんです。

一般人が趣味で作った音楽がここまで人の心を震わせることができるなんて。

初めてボーカロイドを聴いて感動したあの日ことは忘れられません。

そして最後になりますが、初めてMix依頼をしようとした「あの日」。

あなたが何のためらいもなく放ったあの一言が、僕をここまで引っ張ってくれました。

あなたのおかげで僕は、歌い手さんから預かった音源を否定したことは過去一度もありません。

あなたの名前ももう覚えていません。

今どこで何をしていますか?

・・・・・・・・・・・・

新着記事一覧

人気記事一覧

\ 毎日有益情報ツイート中 フォローしてね /

歌ってみたの作り方完全ガイドマップ はこちら

歌ってみたの作り方

現役Mix師の僕が、歌ってみたの作り方を0から100までわかりやすく解説しています。
このマップ通りにやっていくだけで、誰もが自分の力で歌ってみたが投稿できるようになります!

初めての歌ってみた制作はPXstudioがおすすめ

初めての歌ってみた、誰に頼めばいいかわからない...

不安で最初の一歩が踏み出せない...

そんなお悩みを抱えている慎重派のあなたはPXstudioのクリエイターへのご依頼がおすすめです!

PXstudioとは歌ってみた専門の制作チームです。

PXstudioに依頼するメリットは

  • 歌ってみたの知識がなくても大丈夫
  • クオリティが高い
  • やり取りが丁寧

とたくさんのメリットがあります。

PXstudioは毎日のように「歌ってみたを初めて作ります!」という方からのご依頼を承っております。

そのため、初めての方でも依頼しやすい環境を整えています。

なにより歌い手さん、Vtuberさんの喜んだ顔を想像し、日々クオリティの向上に努めているクリエイターが集まっているので安心して初めての歌ってみた作りを任せられます。

PXstudioに所属しているクリエイターは複数人いるので、まずはホームページを覗いてみて、ご自身の予算に合ったクリエイターを探してみてください!

\ちょっとのぞいてみる /

ほんみく有料コンテンツ

歌い手SNS運用の教科書

Mix師で月20万円稼ぐ