【善か悪か】ピッチ補正は『しなければならないもの』という話

Mix師「Mixのときピッチ補正ってした方がいいのかな?「ピッチ補正ソフトに頼るな!」って意見もみるし・・・実際どうなんですか?」

この記事の内容

ピッチ補正はするかしないかではない。『しなければならない』という話

この記事を書いた人
P!xL(ピクセル)
  • ほんみく管理
  • (株)PXstudio代表取締役
  • ミキシングエンジニア歴:10年以上
  • 過去Mix件数:1500件以上
  • 歌い手経験あり:3年程度
  • 毎日Twitterでも発信(@pixl_05)
P!xL(ピクセル)

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているP!xL(ピクセル)(@pixl_05)です。

今まで1000件以上のMix依頼を受けてきました。

有償Mixになってから今までピッチ補正をしなかった音源はありません。

必ず音程とタイミングは補正します。

世の中には

  • 「ピッチ補正は甘え」
  • 「補正ソフトに頼るな」

という意見が少なからずあります。

しかし本当にそうでしょうか?

今回はピッチ補正はするかしないかではなく、しなければならないもの

だと考えている理由をお話ししていきます。

これは僕個人の意見であって、ピッチ補正をしない主義の人に補正を強要するための記事ではありません。

しかし、考え方のひとつとして参考にはなるかと思いますので、興味のある方は読み進めてください。

目次

【善か悪か】ピッチ補正は『しなければならないもの』という理由を解説

繰り返しますが、ピッチ補正はしなければいけないものだと思っています。

そもそもピッチ補正の目的は?

というか、そもそもどうしてピッチ補正ソフトというものがあるのかというと、

当然ボーカルの音程を合わせるためですよね。

ではどうして音程を合わせて歌う必要があるのかというと、

音程が外れると、そこで不協和音が起きるから

不協和音が起きると、聴いていて心地悪いから

です。

なのでピッチ補正ソフトを使って音程を合わせましょうというわけです。

音程を完璧に歌える人間はいない

ピッチ補正ソフトに頼る最大の理由としては、

音程を完璧に歌える人間はいない

ということです。

トップシンガーでもCD制作をするときは必ずピッチ補正を行っています。

ピッチ補正=身だしなみを整える

また、ピッチ補正をするのは『身だしなみを整えるため』という考え方に近いと思っています。

日常生活で例えてみましょう。

出かけるとき「これが私の本来の姿なんです!」といって寝起きのパジャマ姿で外に出る人は少ないでしょう。

多くの人は服を着替えて、髪をセットして出かけると思います。

いわば、『身だしなみを整える』と思います。

歌の話に戻りましょう。

ピッチ補正をしないということは、パジャマ姿で人に会うのと同じことだと考えています。

しっかり補正して身だしなみを整え、人に聴いてもらいましょうというのがぼくの考えです。

ピッチ補正ソフトはオリジナルの音程に合わせる為のものではない。

以前こういうツイートをしました。

ピッチ補正ソフトの本来の使い方は上記のツイートの通りだと思っています。

もう少し違う言い方をするのであれば

オリジナルの音に合わせるため⇒×

本来歌いたかった音程を実現させるため⇒〇

です。

感情を乗せると音程が外れてしまう。それを補うため。

また別のツイートで

とも語りました。

Mix依頼をしてくる人の中には

ただ音程通りに歌っているだけの人がいます。

(※だから悪いというわけではありません。まだ成長過程だと思っています。)

音程を重視しすぎて、個性とか勢い、感情をつぶしてしまうくらいなら音程を気にせずに歌った方がいい作品ができます。

その為のピッチ補正ソフトだと思っています。

ピッチ補正は悪という意見も理解できます

確かに、ピッチ補正は甘えかもしれません。

機械に頼っているというのも認めます。

歌ったままの音を相手に届けることができれば、補正音もしないし、それによるちょっとした違和感もなくなるでしょう。

しかし、現代のトップシンガーの方々でも必ずピッチ補正をしています。

それはなぜでしょうか。

冒頭でも述べましたが、やはり『音程を完璧に歌える人間は存在しない』からです。

感情や個性を乗せると、必ず音程がぶれます。

それを補うことによって、最高の作品ができるのではないでしょうか?

クオリティの高い作品を創るならピッチ補正ソフトは必須

やはり我々は、ピッチ補正ソフトに助けられています。頼っています。

ピッチ補正ソフトがあるおかげで、感情豊かに歌うことができ、最大のパフォーマンスを発揮することが出来ていると思っています。

リスナーのみなさんのことを考えてみましょう。

リスナーのみなさんは

・ありのままの声を聴きたいのでしょうか?

・完成度の高い作品を聴きたいでしょうか?

僕は後者だと思っています。

作品の完成度を上げるにはピッチ補正は必須です。

まとめ

以上が、私がピッチ補正はしなければいけないものという理由でした。

今回の内容をまとめます。

  • ピッチ補正は『しなければいけないもの』
  • ピッチ補正は身だしなみと同じ
  • 感情や個性を乗せると、どんな人でも必ず音程がぶれるから
  • それを補うためのピッチ補正ソフト

是非ピッチ補正ソフトを使いましょう。

初めてのピッチ補正ソフトはメロダイン一択です。

その理由を以下で詳しく解説しているので、持ってない方は是非見ておきましょう。

そんな感じっ

おわり!

Celemony Software
¥35,200 (2022/09/21 12:52時点 | Amazon調べ)

\ 毎日有益情報ツイート中 フォローしてね /

歌ってみたの作り方完全ガイドマップ はこちら

歌ってみたの作り方

現役Mix師の僕が、歌ってみたの作り方を0から100までわかりやすく解説しています。
このマップ通りにやっていくだけで、誰もが自分の力で歌ってみたが投稿できるようになります!

歌ってみたのご依頼はこちらから

歌ってみた動画を作るなら PXstudioへ

PXstudioは「歌い手」「Youtuber」「Vtuber」「ゲーム実況者」「ネットシンガー」などなど、インターネット上で活躍されている方々を全力でサポートしています。 皆さまに喜んでいただき「もう一度依頼したい」と思っていただけるような最高のクオリティで作品をお届けすることが私たちの仕事です。 あなたの夢を叶えるお手伝いをさせていただけませんか?

ほんみく有料コンテンツ

歌い手SNS運用の教科書

Mix師で月20万円稼ぐ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次