【Studio One】録音時、声がずれるときの対処法【歌ってみた】

歌ってみた

歌い手「Studio Oneで録音してるのですが、歌った声が遅れて録音され、カラオケ音源とずれてしまい上手く歌えません。」

 

こんなお悩みを解決します。

声がずれる原因を結論から書くと

  • インターフェースを導入していない
  • 導入しているが設定ができていない

となります。

 

この記事の内容
  • カラオケ音源と声がずれてしまう時の対処法
この記事の信頼性

P!xL(ピクセル)

  • ほんみく管理人
  • ミキシングエンジニア歴:8年
  • 過去Mix件数:1000件以上
  • 歌い手経験あり:3年程度
  • 毎日Twitterでも発信(@pixl_05)

【Studio One】録音時、声がずれるときの対処法【歌ってみた】

①インターフェースを導入していない

インターフェースを導入していないとマイクから入力した声が遅れてDAWに入ります。

その結果、声と音源がずれます。

インターフェースを導入していない方はインターフェースを導入することによってその問題が解決します。

コスパがいいオススメのインターフェース下記で紹介しているので参考にしてください。

【2万円以内!】歌ってみたにおすすめのオーディオインターフェース6選

【2万円以内!】歌ってみたにおすすめのオーディオインターフェース6選
歌い手「インターフェースとやらを買おうと思ってるんだけど、いっぱいありすぎて選べないや。現役のミキサーさんが選ぶオススメのインターフェースを教えてください!」 お任せください。 この記事の内容 ...

 

遅れる原因はレイテンシー

声が遅れる原因はレイテンシーというものにあります。

レイテンシーとはレコーディング時に実際に入力された声と、聞こえてくる声の時間差です。

 

Windowsに標準で備わっている機能ではこのレイテンシーが大きいため、声が遅れて聞こえます。

しかしインターフェースはそのレイテンシーを極限まで小さくする役割があります。

つまり実際に入力された声と、聞こえてくる声の時間差をできるかぎりなくすのがインターフェースの役割のひとつです。

よって、そのレイテンシーを小さくするためにインターフェースを導入する必要があります。

 

②導入しているが設定ができていない

インターフェースは導入してるけど声が遅れて聞こえます

という方はStudio One側の設定ができていない可能性があります。

一緒に設定を見ていきましょう。

非常に簡単です。

Studio Oneのインターフェース設定

まず、上部タブの『Studio One』を開きます。

その中にある『オプション』を選択してください。

 

次にオプションの中の『オーディオ設定』を選択し、オーディオデバイスが『Windows audio』になっていれば、それをお持ちのインターフェースに切り替えてください。

 

OKボタンを押して設定完了です。

録音してみて、遅れが発生していなければOKです。

声がずれる対処法まとめ

今回は『録音時、声がずれるときの対処法』について書きました。

参考になれば幸いです。

おわり!

 

 

コメント