マイクと口との正しい距離【一番きれいに録音できる位置は?】

歌ってみた

歌い手「マイクと口との距離ってどのくらい空ければいい音が録れるんですか?教えてくださいな」

 

こんな疑問にお答えします。

 

✓この記事の内容

  • レコーディング時の口とマイクの正しい距離がわかる

 

 

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているぴくせるです。

今までに500件以上のMixを担当してきました。

 

今回は録音時のマイクと口との距離について解説していきます。

 

結論を先に出してしまいます。

結論:マイクと口はできるだけ近い位置で録音しましょう。

 

・・・おわり!

 

っていうのもさみしいので、細かいとこ解説していきます。

興味がある方は読み進めてください。

 

 

マイクと口との正しい距離【結論:できるだけ近く】

 

繰り返しますが、マイクと口はできるだけ近づけて録音しましょう。

 

ぶっちゃけ正しい距離とかない

実は『マイクと口の正しい距離』というのはありません。

ボーカルによってもマイクによっても録り音が変わってくるので、色々な見解があります。

 

『こぶし1個分空けましょう』という人も多いかな?って印象ですね。

 

録音ではなくライブで歌う時の距離感は『こぶし1個分』が良いと思います。

 

ただしレコーディング(録音)時は『できるだけマイクと口を近づけて』録りましょう。

と僕は主張しています。

 

マイクと口を近づけて録音した方がいい理由

理由は『ほとんどの宅録環境では、近づけた方が綺麗に録れる場合が多いから』です。

 

質問:あなたが録音する部屋は吸音工事や防音工事をしていますか?

 

この答えが『はい』なら、『こぶし1個分空けて』録音しましょう。

しかし、ほとんどの人が『いいえ』だと思います。

 

『いいえ』なのであればやはりできるだけ、マイクと口の距離は近い方がいいですね。

その理由も解説していきます。

ほとんどの人は部屋の録音環境があまり良くない

 

僕の家もそうです。

別にレコーディングスタジオのように吸音工事なんかしていません。

 

なので録音環境がいいとは言えません。

 

この録音環境が良くないままこぶし一個分空けて録音すると、口とマイクの間の空気まで録音されてしまいます。

 

要は『無駄な音』まで録られてしまうのです。

無駄な音が録られてしまうと、Mix時に影響が出て良いMixができません。

 

よって作品の仕上がりのクオリティが低下してしまいます。

 

なので自宅で録音するときは『無駄な音』が録られてしまわないよう『できるだけマイク近づいて録音しましょう』ということです。

 

とはいえ『こぶし一個分』が良い場合も・・・

 

『できるだけマイクに近づいて』と言ってきましたが、『こぶし一個分』空けた方がいい場合もあります。

 

なんかいったりきたりですいませんほんと。

 

というのも、結局『録音された音がどうなってるか?』というのが大事なのでこぶし一個分空けた方が良い音が録れるならそれを使いましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、マイクと口との正しい距離というテーマでお送りしました。

 

今回の内容を再度まとめます。

  • できるだけマイクに近づきましょう
  • 理由:離れるとマイクと口の間の無駄な音まで録られてしまうから
  • とはいえ、録り音がよければなんでもいいみたいなところがある

でした。

この記事を参考にレコーディングに励んでください。

 

後、参考になるかもしれない記事も貼っておきます(`・ω・)ゞ

 

そんな感じっ

おわり!

コメント