【効果抜群】歌ってみた録音で部屋鳴りを抑える3つの手段【宅録歌い手用】

歌ってみた

部屋鳴りする歌い手「Mix師さんに部屋鳴りを抑えてほしいって言われた・・・どうやったら部屋鳴りを抑えられるんだろう?」

 

こんなお悩みを解決します。

この記事の内容
  • 部屋鳴りとは?
  • 部屋鳴りによって起こるデメリット
  • 実際に部屋鳴りを抑える方法
この記事の信頼性

P!xL(ピクセル)

  • ほんみく管理人
  • ミキシングエンジニア歴:10年
  • 過去Mix件数:1200件以上
  • 歌い手経験あり:3年程度
  • 毎日Twitterでも発信(@pixl_05)

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているぴくせるです。

 

毎日Mix依頼を受けているのですがその中で、せっかくいい歌声なのに

部屋鳴りによって音源が台無しになってしまっている歌い手さんがいます。

 

非常にもったいない・・・。

 

部屋鳴りはMixの敵です。

今回はその部屋鳴りを抑える方法を解説してきます。

 

部屋鳴りを抑えることによって、Mixがしやすくなり、作品のクオリティもグンと上がります。

ぜひこの機会に部屋鳴りを抑える方法を試してみてください。

 

それではいってみよう!

【対策】歌ってみた録音で部屋鳴りを抑える3つの手段【宅録歌い手用】

まず部屋鳴りってなに?

まず最初に部屋鳴りについて解説しておきます。

部屋鳴りとは

部屋の残響音をマイクが拾ってしまう現象

です。

実際に聴いてみよう

百聞は一見にしかずです。

実際に僕の依頼者さんの部屋鳴りしてしまっている音源部屋鳴り対策をした後の音源を聴いてみましょう。

(ヘッドホンで聴くとより分かりやすいです)

部屋鳴りしている音源

いかがでしょうか。

お風呂の中で歌ってる感じというか、ポワーンと響いていて芯が抜けている感じがしますよね。

この状態が部屋鳴りです。

 

続いて、部屋鳴り対策後の音源です。

部屋鳴り対策後の音源

こちらは音がしっかりと詰まっている感じがします。

 

少しの違いかもしれませんが、これの差がMixの仕上がりに絶大な影響を与えます。

ですのでこのように部屋鳴りをできる限り抑えてください。

 

つまり

対策前のようなポヤポヤした音をできるかぎり無くしてください。

 

部屋鳴りによるデメリット

ポヤポヤをなくす方法の前に、どうして部屋鳴りがダメなのかを説明しておきます。

部屋鳴りによるデメリットは、ずばり

Mixの仕上がりがイマイチになる

これにつきます。

Mixの仕上がりがイマイチになるということは作品のクオリティが下がります。

 

具体的には

  • 音の芯がつかみづらくなる
  • ボーカルの抜けが悪くなる
  • メロディの輪郭が分かりにくくなる
  • 歌詞も聴き取りにくい
  • 回りの楽器の音色にも影響が出る。

等です。

 

また、Mixの工程でエフェクトで残響を与えることがあるんですね。

リバーブとかディレイとかってやつです。

 

その成分が録音された段階で既に含まれていたらリバーブやディレイでの調節がかなり難しくなるんです。

その結果、声が浮いてしまい、まとまりが無くなってしまいます。

 

なので、部屋鳴りが入っている音源はMixの仕上がりがイマイチになるんです。

 

ほんとにもったいない!

部屋鳴りが起きやすい部屋・起きる原因

こういった部屋は部屋鳴りが起きやすいです。

  • 部屋に物が少ない
  • 部屋が広すぎる
  • 部屋の中央または、壁スレスレで録音している

部屋鳴りの原因は部屋の反響音によるものです。

物が少なかったり、部屋が広すぎると反響音も大きくなって部屋鳴りが起きやすいです。

 

また、壁スレスレで録音すると、壁に声が反響してマイクに入ってしまうというケースもあります。

【部屋鳴りが起きにくい部屋】

部屋鳴りが起きにくい部屋

【部屋鳴りが起きやすい部屋】

部屋鳴りが起きやすい部屋

 

【対策】部屋鳴りを抑える方法

お待たせしました。本題です。

 

部屋鳴りを抑える方法としては

  • 部屋に柔らかいものを多く置く(ベッドやソファー、クッションなど)
  • マイクの後ろにバスタオルや、布団をかける
  • 壁から離してマイクを置く
  • リフレクションフィルターを導入する
  • 吸音材を導入する

等があります。

 

部屋に柔らかいものを多く置く(ベッドやソファー、クッションなど)

部屋に柔らかいものを多く置きましょう。

  • 毛布
  • クッション
  • ソファー
  • ベッド

これらのものが反響音を吸収することで部屋鳴りが抑えられます。

 

どのくらい置けばいいかというと、『部屋鳴りがなくなるまで』です。

それでも解決しない場合は次です。

マイクの後ろにバスタオルや布団をかける

マイクの後ろにバスタオルや布団をかけると、それが声を吸収して部屋鳴りが起きにくいです。

是非試してみてください。

壁から離してマイクを置く

壁向きに歌っている方は、壁から反響した音が直接マイクに入ってしまっている可能性があります。

マイクの位置が壁から近い方は、少し離してみましょう。

 

壁から1m、できれば2mが理想です。

もしくは壁向きに歌うのではなく、部屋の中心に向かって歌うようにしましょう。

 

壁からの反響が少なくなり、部屋鳴りが起きにくいです。

リフレクションフィルターを導入する

marantz Professional ( マランツ プロフェッショナル ) / SOUND SHIELD リフレクションフィルター

上記を試してまだ部屋鳴りが起きるようなら、『リフレクションフィルター』を導入しましょう。

リフレクションフィルターは音の反射を抑え、ハッキリした音を録るためのレコーディング補助機材です。

マイクスタンドに設置するだけなので簡単に導入できます。

 

これでほとんど部屋鳴りは気にならなくなるはずです。

 

導入するならマランツプロのSound Shieldがおすすめです。

 

吸音材を導入する

リフレクションフィルターを使ってもまだ部屋鳴りが気になる方は『吸音材』を導入しましょう。

(歌い手さん…リフレクションフィルターを使ってもまだ部屋鳴りする歌い手さん…吸音材を買うのです…吸音材導入した依頼者さんの音源聴いてみたのですが…めちゃめちゃ部屋鳴りが抑えられてました…録り音良くなってMixのクオリティ爆上がりします…ぜひ…)

 

録音する部屋にペタペタ貼るだけです。

特に工事などは必要ありません。

 

オススメの吸音材は『OTTO』です。

お洒落でスタイリッシュな吸音材です。

カラーも豊富なのでお部屋に合った色をお選びください。

吸音材の貼り方

吸音材の貼り方を軽く書いておきます。

別に全然難しくないです。

  • まず正面の壁に4~9枚ほど貼る(顔の高さと同じくらいの位置)
  • それでも反響するなら左右の壁に貼る
  • それでも反響するなら後ろの壁に貼る

これでOKです。

 

全面に貼るとコストがかかるので、様子見しながら少しずつ貼り足していきましょう。

また部屋鳴り具合がわからない場合は、いつも依頼しているMix師さんに音源を聞いてもらってみてください。

 

ここまでできたら部屋鳴り対策は完璧と言えるでしょう。

 

部屋鳴りを抑える方法まとめ

以上、部屋鳴りとはどういったものか、から部屋鳴りを抑える方法まで詳しく解説しました。

もう一度部屋鳴りを抑える方法をまとめると、

  • 部屋に柔らかいものを多く置く(ベッドやソファー、クッションなど)
  • マイクの後ろにバスタオルや、布団をかける
  • 壁から離してマイクを置く
  • リフレクションフィルターを導入する
  • 吸音材を導入する

でした!

 

この記事を参考にしていただき、再度レコーディングしてみてください。

確実にMix完成後のクオリティ上がるはずです。

 

そんな感じっ

おわり!

 

コメント