実際に自分がやっているボーカルMixの手順や、使っているプラグインについて語る【歌ってみた】

この記事を書いた人
P!xL(ピクセル)
  • ほんみく管理
  • (株)PXstudio代表取締役
  • ミキシングエンジニア歴:10年以上
  • 過去Mix件数:1500件以上
  • 歌い手経験あり:3年程度
  • 毎日Twitterでも発信(@pixl_05)
P!xL(ピクセル)

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているP!xL(ピクセル)(@pixl_05)です。

以前こんなご質問をいただきました。

質問内容

ピクセルさんは 歌ってみたのMIX時に エフェクトは何を使いますか? また、ピクセルさんの基本的な歌ってみたMIXの流れを教えていただけると嬉しいです深くお辞儀する男性

ということで今回はただただ、ぴくせるがMixするときの流れと、使っているエフェクトについて語っていきたいと思います!(パチパチパチ

因みにこの記事は検索ワードとか意識せずに書いている、本当にただのブログ記事です。

書きたいことをだらだら書いていきます。

「今日の晩御飯はハンバーグです!」みたいなブログと大して変わりないので、このだらだら感についてこられる人だけついてきてください!!(?)

(というかそれは今日の晩御飯はハンバーグですってブログ書いてる人に失礼)

それではいってみよう!

この記事を書いた人
P!xL(ピクセル)
  • ほんみく管理
  • (株)PXstudio代表取締役
  • ミキシングエンジニア歴:10年以上
  • 過去Mix件数:1500件以上
  • 歌い手経験あり:3年程度
  • 毎日Twitterでも発信(@pixl_05)

 初心者向けMix講座はこちら

>>歌ってみたのMix講座 完全ガイドマップ|知識ゼロ→『Mix師』を目指す方法

Mix作品例 幽霊東京/紫彩 アメ

目次

基本的な歌ってみたボーカルMixの手順

ひとまず最初に、めっちゃ簡単に大まかな流れを書きます。

  1. RX系でノイズ処理
  2. EQ、Compで下慣らし
  3. Melodyneでピッチ補正
  4. EQ、Comp
  5. センドでリバーブとディレイ(TrueVerb、H-Delay)
  6. ハモリ処理(Dubler4)
  7. Ozone9でマスタリング

もしかしたらプロの方から見ると「それはおかしいだろww」みたいなのもあるかもしれません( ;∀;)

もしそんなのがあればDMか何かで教えてください( ;∀;)タタカナイデ

順番に解説していきますー!

①RX系でノイズ処理

まずボーカルに含まれているノイズ系の音をRX9を使って極力少なくしていきます。

ノイズが残っているとMixの段階で邪魔になってくるので!

よく使うのは

  • Voice De-noise
  • Mouth De-click

の2つ。

処理方法や、その神的な効果なんかは下の関連記事で解説しています。

RX9はマジで現代の大発明と思っています・・・。

iZotopeさんに感謝・・・。

②EQ、Compで下地作り

続いてEQとCompで音源をある程度慣らします。

EQは『FabFilter Pro Q3』、Compは『FabFilter Pro C2』を愛用しています。

P!xL(ピクセル)

最初の段階である程度の下地を作っておくと、Melodyneの感度が大幅に良くなる!

このノイズ処理+下地作りの段階で僕は一度書き出しています。

そのまま続けるとどうしてもDAWが重くなってくるので・・・(´・ω・`)

FabFilter ( ファブフィルター ) / Essentials Bundle(サウンドハウス)

もし購入するなら、Pro Q3とPro C2がセットで入っている上のバンドルが安くてお得です。

③Melodyneでピッチ補正

ここまでできたらピッチ補正に入ります。

もちろん補正ツールは7年ほど愛用しているMelodyne

P!xL(ピクセル)

「MelodyneとAutu Tuneどっちがいいか戦争」はよくありますが、僕は断然Melodyne派!

④EQ、Compの順にインサート

ここからEQとCompをインサートしていきます。

とその前に、

この段階でAメロBメロとかってトラック分けます。

こんな感じですね。

ここでもさっきの『FabFilter Pro Q3』と『FabFilter Pro C2』を使います。

なんか色んなコンプを使い分けてる人多いけど、使い分ける理由があんまり分かってない(´・ω・`)

1種類ずつでいいと思ってる(´・ω・`)

間違ってたらスマン(´・ω・`)

⑤センドでリバーブとディレイ(TrueVerb、H-Delay)

次に空間系のエフェクトをかけていきます。

TrueVerbとH-Delayってのを使っています。

(これはWavesGoldに両方入っています)

P!xL(ピクセル)

TrueVerbのプリセットにある『New York Plate』っていうのがかなりいい感じ

センドに設定しているエフェクトにも、EQやCompをかけることもあります。

というかほとんどかけます。

⑥ハモリ処理

ここまでくると仕上げに近づいてます。

ハモリ処理の前に、『ハモリ生成』をすることが多いです。

歌い手さんがハモリを録音していない場合にMelodyneを使ってハモリを生み出します。

ハモリ生成の方法は以下の記事で解説しています。

ハモリの処理にはWavesの『Dubler4』を使います。

これもWavesGoldに入っています。

Dubler4で真ん中を抜いて、メインボーカルをハモリが包み込むように処理します!(?)

P!xL(ピクセル)

Dublerの設定は上に貼った画像そのまま!

全体の音量バランスを整える

この段階になって音量バランスを整え始めます。

(正しいかどうかは知らん(*’ω’*))

ボーカルはオケのスネアドラムと同じ音量くらいにすると、いい感じになじみます。

Ozone9でマスタリング

ここで再度登場iZotope様のOzone9

最強です。

使い方は上の記事を見てもらうと分かりますが、マジで神なのでこれは一台持っておきたいです。

まとめ

大体こんな感じですが、いかがだったでしょうか?

もちろん音源によって処理の仕方が違うので、これ以外にも使っているエフェクトや工程がありますが、基本的にはこの流れです。

P!xL(ピクセル)

少しでもあなたの参考になれば幸いです!

というか、最初に書きたいことをだらだら書いていくって言いましたが、結局いつもみたいな感じになりましたね(´・ω・`)

ま、いっか(´・ω・`)

そんな感じっ

おわり!

\ 毎日有益情報ツイート中 フォローしてね /

歌ってみたの作り方完全ガイドマップ はこちら

歌ってみたの作り方

現役Mix師の僕が、歌ってみたの作り方を0から100までわかりやすく解説しています。
このマップ通りにやっていくだけで、誰もが自分の力で歌ってみたが投稿できるようになります!

歌ってみたのご依頼はこちらから

PXstudioは「歌い手」「Youtuber」「Vtuber」「ゲーム実況者」「ネットシンガー」などなど、インターネット上で活躍されている方々を全力でサポートします。
皆さまに喜んでいただき「もう一度依頼したい」と思っていただけるような最高のクオリティで作品をお届けすることが私たちの仕事です。
あなたの夢を叶えるお手伝いをさせていただけませんか?

ほんみく有料コンテンツ

歌い手SNS運用の教科書

Mix師で月20万円稼ぐ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次