【ボーカル録音】音質が悪い時はここをチェック!9つの改善ポイントを解説【歌ってみた】

【ボーカル録音】音質が悪い時はここをチェック!11個の改善ポイントを解説【歌ってみた】歌ってみた

歌い手「レコーディングすると音質が悪いです。何を改善すればいいか教えてください。」

 

こんなお悩みを解決します。

この記事の内容
  • 音質が悪い時にチェックする9つのポイントを解説
この記事の信頼性

P!xL(ピクセル)

  • ほんみく管理人
  • ミキシングエンジニア歴:8年
  • 過去Mix件数:1000件以上
  • 歌い手経験あり:3年程度
  • 毎日Twitterでも発信(@pixl_05)

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているぴくせるです。

 

レコーディング時の音質はMixのクオリティに影響します。

Mixのクオリティは作品のクオリティに直結します。

 

作品のクオリティはあなたの歌い手活動の命運を分けます。

 

今回は、レコーディング時の音質が悪い時にチェックする改善ポイントを9つにまとめました。

まずは以下のリストをご確認ください。

  • インターフェースを使っていない
  • インターフェース、マイクの質が低い
  • マイクケーブルが悪い
  • 環境音が入っている
  • 部屋鳴り対策をしていない
  • マイクスタンドを使っていない
  • ショックマウントを使っていない(コンデンサーの場合)
  • マイクと口の距離が適切でない
  • ポップガードを使っていない

『音質が悪い原因となっている可能性が高いもの』から順に解説していきます。

上のものほど改善するべき項目です。

 

それではいってみましょう。

【ボーカル録音】音質が悪い時はここをチェック!11個の改善ポイントを解説【歌ってみた】

【ボーカル録音】音質が悪い時はここをチェック!11個の改善ポイントを解説【歌ってみた】

インターフェースを使っていない

「音質が悪い」と相談にくる人のほとんどがこれです。

インターフェースを使っていないパターン。

 

高音質のレコーディングをするのにインターフェースは必須機材です。

これは避けて通れません。

 

必ずインターフェースを使用してレコーディングをしましょう。

 

インターフェースの必要性やオススメは以下の記事で解説しているので、音質を改善したい方は優先して購入しましょう。

【2万円以内!】歌ってみたにおすすめのオーディオインターフェース6選

【2万円以内!】歌ってみたにおすすめのオーディオインターフェース6選
歌い手「インターフェースとやらを買おうと思ってるんだけど、いっぱいありすぎて選べないや。現役のミキサーさんが選ぶオススメのインターフェースを教えてください!」 お任せください。 この記事の内容 ...

インターフェースは必須!絶対使おう!

インターフェースの質が低い、マイクの質が低い

インターフェース使っているけど音質悪いよ?

そういう方は、使ってる機材の質が低い可能性があります。

 

例えば、

  • マイク 1,500円
  • インターフェース 4,000円

とかだと価格が安く、機材の質が低いので、音質が悪くなっている可能性があります。

 

これからもある程度歌い手を続けていくつもりなら、以下の記事中にある『3万円 or 5万円』くらいの機材を購入するといいでしょう。

1万円、3万円、5万円、10万円!予算別で歌ってみた必須機材をまとめてみた

1万円、3万円、5万円、10万円!予算別で歌ってみた必須機材をまとめてみた
歌い手「歌ってみたの機材をそろえるのにどのくらいの予算が必要なんだろう。予算別でオススメの機材を紹介してくれると嬉しいです。」 お任せください。 この記事の内容 予算別でオススメの歌ってみた機材を紹介...

 

またコスパ最強の歌ってみた機材をまとめている記事もあります。

こちらものぞいてみてください。

【2021年最新版】 高コスパおすすめ必須機材10選で歌ってみたに挑戦!

【2021年最新版】 高コスパおすすめ必須機材10選で歌ってみたに挑戦!
歌ってみたに挑戦したい人「歌ってみたに挑戦したいけどとりあえず何から揃えたらいいんだ?コスパが良い機材を教えてください。あとみんなが使ってるものとか、定番の機材も知りたいな。」 こんな疑問に答えます。 この記事...

 

また、日々忙しく時間がない方は『歌ってみたスターターセット』もおすすめです。

低価格で高品質の歌ってみたセットがワンクリックで手に入ります。

実際に『おすすめのスターターセットを使っている歌ってみた動画』も貼っているので参考にしてみてください。

全く音質は気になりません。

正直、機材選びはめんどくさい!!歌ってみたスターターセットをオススメする4つの理由

正直、機材選びはめんどくさい!!歌ってみたスターターセットをオススメする4つの理由
歌い手初心者「歌ってみたの機材を選んでるけど、どのサイトをみても『必須機材一覧!!』とか『オススメ10選!』とか・・・結局何を買えばいいかわからない・・・【これだけ買えばOK】みたいなのないですか?」 こんなお悩みを解...

本気でやるなら安すぎる機材はおすすめしない!

マイクケーブルが悪い

マイクケーブルが悪いパターンです。

ケーブルを新調すると、一気に音質が良くなる事例がありました。

 

これは実際に妻に起きた実話なのですが、

  • 使っているマイク AT-4040(32,000円)
  • 使っているインターフェース UA-55(35,000円)

等でレコーディングしても、どうしてもノイズが乗ってしまっていました。

マイク、インターフェースともに全く問題ありません。

 

そこで以下のケーブルを購入すると、今までのノイズが嘘のようにクリアな音質でレコーディングできました。

 

マイクケーブルが古かったんですね。

なので、ノイズが気になる方はマイクケーブルを新調してみてください。

 

以下の記事でおすすめのマイクケーブルを解説しているので、参考になればと思います。

【コスパ重視!】歌ってみたにオススメのマイクケーブル3選

【コスパ重視!】歌ってみたにオススメのマイクケーブル3選
歌い手「歌ってみた録音に使うマイクケーブルってどんなのがいいんだろう?オススメのマイクケーブルがあれば教えてください。」 こんなお悩みを解決します。 この記事の内容 マイクケーブルの選び方 オス...

これはマジでびっくりした!

環境音が入っている

単純に環境音が入ってしまっている人も多いです。

ここでいう環境音とは

  • エアコンの音
  • 扇風機の音
  • パソコンのファンの音
  • 外の車の音
  • ヘッドホンから漏れたoffボーカル(カラオケ音源)の音

とかです。

なるべくこのような環境を減らしてレコーディングしましょう。

 

特にoffボーカル(カラオケ音源)の音が入っているとMix時にどうしようもなくなるので、

  • 音源の音量を下げる
  • 「密閉型」のヘッドホンを使う

ようにしましょう。

 

「密閉型」のヘッドホンは音楽業界基準のMDR-CD900STがおすすめです。

 

 

出来る限り環境音を入れないようにしよう!

部屋鳴り対策をしていない

部屋鳴り対策をしていない為に、音質が悪くなってしまっている人もいます。

部屋鳴りとは部屋の残響音をマイクが拾ってしまう現象です。

 

できる限る部屋鳴りは減らしましょう

 

以下の記事で、部屋鳴りを抑える方法を解説しています。

参考にしてください。

【効果抜群】歌ってみた録音で部屋鳴りを抑える3つの手段【宅録歌い手用】

【効果抜群】歌ってみた録音で部屋鳴りを抑える3つの手段【宅録歌い手用】
部屋鳴りする歌い手「Mix師さんに部屋鳴りを抑えてほしいって言われた・・・どうやったら部屋鳴りを抑えられるんだろう?」 こんなお悩みを解決します。 この記事の内容 部屋鳴りとは? 部屋鳴りによっ...

 

部屋鳴り対策するだけでレコーディング質がぜんぜん違う!

マイクスタンドを使っていない

マイクスタンドを使っていないことによって、ハンドリングノイズが発生します。

またマイクスタンドを使わないことによって、口とマイクの距離が一定に保たれず、Mix時に非常にMixしづらい音源になります

 

コンデンサーマイク、ダイナミックマイクに関わらず必ずマイクスタンドを使いましょう。

 

おすすめのマイクスタンドは以下の記事で解説しているので参考にしてください。

【人気ランキング1位は?】歌ってみたにおすすめのマイクスタンド3選

【人気ランキング1位は?】歌ってみたにおすすめのマイクスタンド3選
歌い手「マイクスタンドを買おうと思ってるんだけど、なにがいいんだろう?色んな種類があるみたいで選び方がわからない。歌ってみたにおすすめのマイクスタンドを教えてください。」 こんなお悩みを解決します。 この記事の...

マイクスタンドは必須アイテム!

ショックマウントを使っていない(コンデンサーの場合)

コンデンサーマイクの場合、ショックマウントを使っていないと振動でノイズを拾ってしまいます

ショックマウントとはゴムや樹脂を通して振動を吸収し、マイクまで振動のノイズが伝達しないようにするホルダーです。

上記画像の、マイクを固定しているリングみたいなやつです。

 

コンデンサーマイクを使っている方は必ずショックマウントを使用しましょう。

リーズナブルなおすすめショックマウントを貼っておきます。

コンデンサーマイクの人は必ず導入を!

マイクと口の距離が適切でない

ここからは音質というより、細かいノイズの話になってきます。

 

なるべくマイクと口の距離は近い位置でレコーディングするべきです。

ただ、近くで録ると低音が強調されてMixしずらくなる『近接効果』というものが発生する可能性もあります。

「声がボフボフしているな」と感じたら少し離れて録ってみて、いい感じの所を見つけてレコーディングしましょう。

 

以下の記事でも詳しく解説しています。

マイクと口との正しい距離【一番きれいに録音できる位置は?】

マイクと口との正しい距離【一番きれいに録音できる位置は?】
歌い手「マイクと口との距離ってどのくらい空ければいい音が録れるんですか?教えてくださいな」 こんな疑問にお答えします。 ✓この記事の内容 レコーディング時の口とマイクの正しい距離がわ...

 

一番近づけた状態から少しずつ離していこう!

ポップガードを使っていない

最後にポップガードについてです。

レコーディングの際は必ずポップガードを使うようにしましょう。

 

ポップガードの役割は『吹かれ防止』です。

ポップガードなしで録音すると、息の音が入ってしまいMixの邪魔になります。

 

リーズナブルなおすすめポップガードを貼っておきますので持ってない方は即購入してください。

たった600円とかです。

 

ポップガードもなくてはならない機材の一つ!

【ボーカル録音】音質改善まとめ

今回はボーカルレコーディングにおける音質改善ポイントを解説してきました。

最後にもう一度まとめます。

  • インターフェースを使っていない
  • インターフェース、マイクの質が低い
  • マイクケーブルが悪い
  • 環境音が入っている
  • 部屋鳴り対策をしていない
  • マイクスタンドを使っていない
  • ショックマウントを使っていない(コンデンサーの場合)
  • マイクと口の距離が適切でない
  • ポップガードを使っていない

以上参考になれば嬉しいです。

おすすめの機材一覧は以下の記事にまとめているので、機材を買い替えようと検討中の方は覗いてみてください。

【2021年最新版】 高コスパおすすめ必須機材10選で歌ってみたに挑戦!

【2021年最新版】 高コスパおすすめ必須機材10選で歌ってみたに挑戦!
歌ってみたに挑戦したい人「歌ってみたに挑戦したいけどとりあえず何から揃えたらいいんだ?コスパが良い機材を教えてください。あとみんなが使ってるものとか、定番の機材も知りたいな。」 こんな疑問に答えます。 この記事...

 

そんな感じっ

おわり!

コメント