【歌ってみた】Mix依頼をするときのルール!チェックポイントを解説!【チェックリスト付】

歌ってみた

歌ってみたのMix依頼をする人「Mix師さんにMix依頼をするんだけど、どうやってデータを渡せばいいの?なにかルールみたいなものはありますか?教えてください。」

 

✓この記事の内容

Mix師さんに依頼をするときの

・手順
・注意点
・チェックポイント

がわかる

 

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているぴくせるです。

 

今までに300件以上のMix依頼を受けてきました。

今回はMix依頼をするとき、確認するべきポイントについて解説していきます。

 

歌ってみたのMix依頼をするときのチェックポイントを解説!【チェックリスト付】

 

ではまず初めに、チェックリストを作ったので、これにあてはめながら解説していきますね!

 

頭出しはできているか
声が重なっている個所はないか
音割れはしていないか
エフェクトはかかっていないか
ファイル名はわかりやすくつけたか
カラオケ音源は添付したか
Zipファイルにまとめたか
アップローダーで送信しているか
要望やイメージは伝えたか

 

頭出しはできているか

 

頭出しされていなければすぐにMixできません(´;ω;`)

 

 

頭出しがされていなければMixに取り掛かるまでに時間がかかってしまいます。

納品日が決まっていればそれに間に合わせなければいけませんので、あえて言葉を選ばずに言うと頭出しの作業をしている時間は無駄です…。

楽曲のクオリティを上げるためにも、頭出しは歌い手さん側でできる処理なので、しっかりと頭出しをした状態で音源を提出しましょう。

Audacity(オーダシティ)という録音ソフトを使っている方は頭出しが必要になります。

 

頭出しのやり方がわからない方はこちらに詳しく書かれています

 

声が重なっている個所はないか

 

ボーカル音源が重なっているとMixできません(´;ω;`)

 

声が重なっている音源は一つのファイルにせず二つに分けて書き出してください。

こういうところですね

 

 

上の画像のように、トラックを分けて書き出しましょう!

 

音割れはしていないか

 

音割れしているとMixできません(´;ω;`)

これは100%リテイクしてもらうことになってしまいます・・・

歌った後の波形がこうなっていたら音割れしています。

 

 

 

音割れしている個所がないかチェックしてから書き出しましょう!

 

 

エフェクトはかかっていないか

 

ボーカル音源にエフェクトがかかっているとMixできません(´;ω;`)

 

Mix師は素音源に、自分の技術やセンスでエフェクトをかけていきます。

つまりリバーブやコンプレッサー、イコライザーなどをかけて聴きやすい楽曲に仕上げていきます。

その時、読み込んだ音源にすでにエフェクトがかかっているとMixができないのでエフェクトをかけずに書き出しましょう!

 

ファイル名はわかりやすくつけたか

 

ファイル名をわかりやすくしてくれると嬉しいです(`・ω・)ゞ

 

書き出したボーカル音源のファイル名、いつもどうしていますか?

個人的に

「こうしてくれるとわかりやすい!」

って型があるので紹介しておきます。

 

『名前 曲名 パート』

 

です。例えば、

『ぴくせる 乙女解剖 メイン』

『ぴくせる 乙女解剖 上ハモリ』

とかですね!

Mixさんによって指定があるかもしれませんが、もし特にない場合は上の型で名前つけとけば間違いありません(`・ω・)ゞ

 

カラオケ音源は添付したか

 

カラオケ音源が添付されていると助かります(っ´ω`c)

 

ボーカル音源と一緒にカラオケ音源も添付しましょう。

音源を受け取った時ボーカルファイルと一緒に本家inst(カラオケ音源)が入っていると非常に助かります。

カラオケ音源は、必ず本家が公開しているページからDLするようにしましょう!

 

 

Zipファイルにまとめたか

 

Zipファイルにまとめてくれていると助かります(っ´ω`c)

 

ボーカルファイルがバラバラに送られてくると非常に整理するのが大変です。

Zipファイルにまとめて送るようにしましょう!

Zipでまとめる手順を簡単に図解しておきます。

 

 

 

アップローダーで送信したか

 

アップローダーで送ってくれると無難ですね(`・ω・)ゞ

 

 

Zipファイルが作成できたらそれをアップローダーにUPして発行されたURLをMix師さんに送りましょう!

こちらも手順を図解しておきます。

 

①アップローダーサービス『firestorage』にアクセス

 

 

 

 

要望やイメージは伝えたか

 

参考音源などがあるとイメージしやすいです(`・ω・)ゞ

 

ひとえにMixといっても仕上がりの形は色々あります。

・ケロケロにしたい

・ふんわりしあげたい

・大ホールで歌っている感じ

・目の前で歌っている感じ

 

その仕上がりの形ををしっかりと伝えているとMix師はとてもありがたいはずです。

・・・って言っても、伝える側も伝えられる側も、言葉だけでイメージをすべて伝えるのは難しいので

参考音源を送りましょう。

例えるならば、美容室で「こんな感じでお願いします」ってヘアカタログ見せるのと同じです。

 

ニコニコ動画やYouTubeにあがっている、歌い手さんの動画のURLを引っ張ってきて

こんな感じでお願いします!!!

と言えば、これでOKです笑

 

実際の依頼者様の.txtを公開します

定期的に依頼をいただける依頼者様(霧谷 雨子 様 @amecoco0111oO)のご要望テキストを公開します。

ご本人の了承は得ていますので参考にしてみてください。

 

 

また『【歌い手専用】Mix依頼をするとき”超”役に立つメッセージテンプレート!』に、依頼する際に役立つテンプレートを用意しているので参考にしてください。

 

まとめ

今回は、歌ってみたのMix依頼をするときのチェックポイントを解説しました。

 

最後にもう一度チェックリストを貼っておきます。

頭出しはできているか
声が重なっている個所はないか
音割れはしていないか
エフェクトはかかっていないか
ファイル名はわかりやすくつけたか
カラオケ音源は添付したか
Zipファイルにまとめたか
アップローダーで送信しているか
要望やイメージは伝えたか

 

絶対これの通りに依頼をしなければならないというわけではありません。

 

ただ、これに沿って依頼をするとMix師さんが

 

 

と、こうなります!笑

是非、このチェックリスト参考にしながらMix依頼をしてくださいね(`・ω・)ゞ

 

おわり!

 

コメント