【MIXテクニック】埋もれてしまうボーカルを目立たせる5つのコツ

Mix

Mixer(ミキサー)「Mixの時にボーカルが埋もれてしまう…くっきりはっきり聴こえるようにボーカルを目立たせたいです。なにかいい方法があれば教えてください。」

 

こんなお悩みを解決します。

 

✓この記事の内容

  • ボーカルが埋もれてしまう時に試す対処法5つを解説

 

こんにちは。ニコ動、YouTubeでMixer(ミキサー)をしているぴくせるです。

今までに500件以上のMixを担当してきました。

 

そんな中、以前TwitterのDMでこういった質問を頂きました。

 

質問者さんの悩み

歌声の輪郭をハッキリと固い感じにしたい

 

ボーカルの輪郭がぼやけてしまっているのでハッキリさせたいという感じですね。

この場合単純にボーカルの音量を上げただけでは解決しないことがほとんどです。

 

それでは解決法を解説していきましょう。

 

【MIXテクニック】埋もれてしまうボーカルを目立たせる5つのコツ

 

回答としてこういったツイートをしました。(DMも同じ内容でちゃんと返してますよ!)

 

 

ボーカルを目立たせる5つのコツ

  • EQで500Hzあたりをカット
  • EQで8kHzあたりをブースト
  • コンプのアタックを遅くする
  • エンハンサーで4~8kHzをブースト
  • オケの4~8kHzをカット

 

 

です。

ひとつずつ解説していきます。

 

EQで500Hzあたりをカット

ボーカルトラックの500HzあたりをEQ(イコライザー)でカットしましょう。

ここをカットすると、ボーカルのモコモコ感がいい感じに消えます。

男性か女性か、またマイクの音質で若干削る位置は変わってきますが、

  • 男性なら500~700Hz
  • 女性なら800~1000Hz

あたりをカットしましょう。

 

参考までに、最近の女性Mixは1059Hzを-2.6db削るとスッキリしました。

 

EQで8kHzあたりをブースト

ボーカルトラックの8kHzあたりをEQ(イコライザー)でブーストしましょう。

ここをブーストするとボーカルの抜けががよくなります。

 

あまりブーストしすぎると抜けがいいを通り越して、シャキシャキした耳障りな音になるのでほんの少しでいいです。

+2db前後がいいと思います。

コンプのアタックを遅くする

コンプのアタックが早すぎると歌詞の頭が潰れてしまうので、埋もれているように聴こえます。

少しアタックを遅くしてみましょう。

エンハンサーで4~8kHzをブースト

エンハンサーとは指定した周波数の倍音を追加するエフェクトです。

もっとわかりやすく言うと『声に艶をもたせる』ことができます。

 

Wevesバンドルでいうと『Vitamin』がこれに当たります。

これで4~8kHzあたりをブーストしてあげましょう。

そうすることで声に艶が出てくっきりしたボーカルになります。

これもまたブーストしすぎると、シャキシャキしてしまうので様子をみながら上げていきましょう。

目安としては+4db~8dbくらいです。

EQでオケの4~8kHzをカットする

まだ埋もれるようならオケの周波数をカットしましょう。

4~8kHzはボーカルの周波数とかぶっているので、オケのここをカットしてあげるとボーカルを目立たせることができます。

しかし、あまりカットしすぎると曲全体の雰囲気が変わってしまうので、これもまた様子をみながら調節してください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

埋もれてしまうボーカルを目立たせる5つのコツをもう一度まとめると

  • EQで500Hzあたりをカット
  • EQで8kHzあたりをブースト
  • コンプのアタックを遅くする
  • エンハンサーで4~8kHzをブースト
  • オケの4~8kHzをカット

です。

周波数をカットすると体感的に音量も小さくなったように感じてしまうので、そこは音量を上げて補ってあげましょう。

 

ボーカル音量の目安は『オケのスネアドラムと同じくらい』がいいとされています。

歌ってみたの場合はスネアより少し大きめが好まれますね!

ボーカルが埋もれてしまう場合は、是非今回の内容を試してみてください。

 

あと、下の記事も参考になればと思います(`・ω・)ゞ

 

ちなみに、こちらではハモリの処理、エフェクトのかけ方のコツを解説しています。

お時間があればあわせて、お読みください(*’▽’)

 

そんな感じっ

おわり!

 

コメント